正道会館 淡路支部 強さを科学する空手 進化と伝統の空手 淡路島 兵庫県 の空手道場 
正道会館淡路支部のホームページです。     各教室のお問い合わせは090-1956-1514までお気軽にご連絡下さい。
やればできる できれば楽しい 楽しければ探究する 探究すれば強くなる 強くなれば社会に貢献する   特別体験セミナーや色々とお聞きしたい
などお気軽にご連絡ください。
2月を迎えましたが、寒い日と少し暖かい日が交互に続いています。インフルエンザに気を付けましょう。  今後のスケジュール インフォメーションは正道淡路通信にて毎月2回配信中2月10日号は[見る」です。

淡路支部からのインフォメーション
 2013年2月10日UP 2月10号(毎月10日・20日以降にUP)
 
 『 見る 』 支部長 古山 久則

"見る"という字は、"目"とよく似ていますが、やはり目で見るからなのでしょうか?

 カラテの練習が始まると、神前に礼をし、黙想をします。
目を閉じて、外部からの情報をシャットアウトし、心を落ち着かせます
"無心の心"とも言いますが色々考えたりもします。
そして目を開くと目の前が明るくなり、先生、先輩の姿や道場の景色が入ってきます。
気合いが入り目が目的をとらえ集中力が高まります。目を大きく見開き、目力が増します。
眼光がするどくなるというのでしょうか?
(戦う心がそうさせるのですが・・・。)

又、朝、目が覚めると明るい朝日が入ってきて、今日一日が始まるのですが、
最初に目に入ってくるのは何でしょうか?
あわただしく一日が始まるとそんな事考える余裕はないかもしれません。

"見る"という行為は、当たり前すぎて、見るという大切さや見えるという
ありがたさを感じる事ががありません。
しかし、生まれた時、朝起きた時、最初に始まるのが"見ること"とそして
何かを
"行なう"のが毎日を生きているという事だと思うのです。

 ですので、特に少年部の子供達にはよく
見る大切さ重要性をお伝えしたいと考えております。
あの人は見る目があるとかセンスがあるというのは全て"見る"のが上手、観察力が
あるという事で、そういうひとは、スポーツでも上達が早く仕事を覚えたりするのも得意です。

料理人や職人の世界でも、師匠や先輩の技を良い意味で盗むとも言いますし、
ファッションセンス、芸術的な感性もまず"見る"事から始まるのではないでしょうか。

「正道カラテで見る目を養いましょう!

 
 平成25年 2月のスケジュール
2月10日(日) 全関西大会
2月24日(日) 総本部審査会(一般)
 
 淡路支部からのメッセージ・・・(何故何でをできるだけ詳細に解説いたします。)
 無料体験実施中  強さを科学する  精神を科学する
いちど体験してみてください なぜ強くなりたいと思うのか  自分ともう一度向き合おう

 リンク

正道会館 総本部
正道会館 南大阪本部
正道会館 明石支部
正道会館 調布支部
 
正道淡路支部
さあ!始めよう!この淡路島で・・・。みんなで練習すれば楽しいし気持ちいい!
 
 「強さを科学する」淡路カラテサイト
正道会館淡路支部のホームページへようこそ
 URL: http://www.seido-awaji.com
 〒656-2311 兵庫県淡路市久留麻1058 
 お問合先直通番号:090-1956-1514
※お聞きしたい事あればお気軽に連絡下さい。
 
Copyright (C) 2012 正道会館 淡路支部. All Rights Reserved.